×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                                                                                 

                                                                        

                                                          The Japanese characteristic

                              日本語の特徴                                      

Top page   Next page

The Japanese characteristic

All Japanese languages influence about the nature, the culture of the Japanese 
and the politics state.
The Japanese are to be talking with the left brain in the language.
The vowel of A, I, U、E、O understand with left brain.
As for Japanese, these vowels accompany all pronunciations.
For exanple
WATASIHA  NIHONJIN  DESU.
   (of JapaneseIt displays a Roman alphabet.)
The consonant is all.
A,  I,  U,  E,  O, these  accompany .
Therefore, all left brains are working.
日本語の特徴
日本人の性質も、文化も、政治の在り方もすべて日本言語が影響しています。
日本人は言語を左脳で会話していることです。
母音の あ、い、う、え、お はすべて左脳で理解します。
日本語はすべての発音にこれらの母音が付随してきます。
たとえば
日本語を ローマ字表示します。
WATASIHA  NIHONJIN  DESU.
子音はすべて A, I, U, E, O ついています。
従ってすべて左脳が働いています。
左脳は理性の働きが特徴であり、右脳の出番が
ないのが日本語の特徴であります。
 
 
The computer and the brain of human
6 gigas of desktop computer HDD in 2000 were average.。
Now, in 2011, 1000 gigas became a standard.。
The competition of the world is vigorous and the information is
 increasing evidence.
The computer utilizes a internet Cloud and is lightening HDD.
Because this rat race survives
In today, the mental training is necessary.
The training is to do a Zen meditation, meditation, a yoga。

コンピューターと頭脳
2000年のデスクトップコンピューターHDD6ギガが標準であった。
今2011年では1000ギガが標準になった。
世の中の競争が激しく、情報が多くなった証拠である。
コンピューターはクラウドを活用してHDDを軽量化している。

この競争社会を生き抜くために、
現代は精神的訓練が必要である。
其の訓練は座禅、瞑想、ヨガを行うことであります。
コンピューターはクラウドで安全管理
頭脳は瞑想で癒しと精神安定を作る。

 

 
The Japanese can not do an English conversation.

The Japanese study English in 10years but there are crowds of persons who can not do 
a conversation.
This has cause of  Japanese.
Japanese uses all left brains.
As for English, the vowel uses a right brain and the consonant uses a left brain.
Only the left brain works when the Japanese hear a word and doesn't use a right brain.
The English frequency is equal to or more than 2000 hertzes.
The Japanese frequency is 150 - 1500 hertzes.
Of the noise we are moved and 
the English sound doesn't come into the brain.
Therefore
It isn't possible to do a conversation.
 
日本人は英会話が出来ない
日本人は10年英語を勉強するが会話ができない人が大勢います。
これは日本語に原因があります。
日本語がすべて左脳を使用します。
英語は母音が右脳、子音は左脳を使用します。
日本人は言葉を聞くと即左脳が働いて右脳は使用しない。
英語の周波数は2000ヘルツ以上であります。
日本語の周波数は150〜1500ヘルツです。
英語の音声が雑音に感じて頭脳に入って来ません。
従って 会話が出来ないのです。
 
 
We speak Japanese with the left brain.

As for Japanese, all vocabularies have a vowel.
We use a left brain when always hearing.
Every time , a left brain is trained.
The idea has the characteristic that the centering of the part increases.
We become shorter, smaller, more attenuate and good at the technology to the thinner direction.
In the characteristic, the Japanese technology became the 1st in the world.
As for the fault, the idea from the whole is bad.
The prime minister in Japan can not show the ability to command.
That the right brain can not be used is cause.
 
左脳で日本語を話す
日本語はすべての語彙に母音が付いています。
常に聞く時に左脳を使用します。
その都度、左脳は鍛えられています。
発想は部分の集中が増す特徴があります。
より短く、より小さく,より細く、より薄い方向への技術が得意となります。
その特徴で、日本技術は世界で一番となりました。
欠点は全体からの発想が劣っています。
日本の首相は統率能力が発揮できません。
右脳を使用できないことが原因です。
 

 

 
The Japanese  like the bleat of the insect
The answer which is always the same as miin miin returns when the Japanese ask the voice
 of the cicada.
As for the foreigner, all answers in the different imitation in the bleat.
The Japanese hear the voice of the insect with the left brain.
The foreigner hears the voice of the insect with the right brain.
As for the MANGA in Japan,  a lot of imitations appear.
The word, the mechanical sound, the voice of the insect, the bleat of the animal, the sound 
of the wind, the rainy sound .
The Japanese hear all with the left brain.
Therefore By the MANGA We express a lot of imitations.

虫の鳴声が好きな日本人
日本人は蝉の声を尋ねるとミーンミーンと必ず同じ答がかえってきます。
外国人は鳴声を皆が違った擬音を答えます。
日本人は虫の声を左脳で聞いています。
外国人は虫の声を右脳で聞いています。
日本の漫画は多くの擬音が出てきます。
日本人は言葉、機械音、虫の声、動物の鳴声、風の音、雨の音などすべてを
左脳で聞いています。
従って 漫画では 擬音を多く表現します。