×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目次ページ 前ページ

第六回

1、気伯健康法

両方の手足が重たいなあ

両方の手足が温かいなあ

心臓がゆったりと力強く打っている。

呼吸が楽だなあ

胃の辺りが温かいなあ

額の辺りが涼しいなあ

リラックス、心が落ち着いて深いくつろぎに入

っている。

露天風呂のイメージを加える。

 

2)生命(生体)エネルギー強化湧出

 

3)小周天呼吸法

再度復習する。

 

4)健康の基は、身体の排出物を出すこと。

A、生ごぼうの生味噌汁

ごぼうを8センチを皮をむき

すりおろして

赤味噌を小さじ1杯

熱湯を入れ、かきまぜる。

月2回ほど飲む

――腸の掃除をして、宿便を出してくれる。

血液浄化法となり、さらさらの血液となる

 

B)大根湯

大根を皮をつけたまま、すりおろして

汁だけを、コップの1/3

湯を2/3を入れて

自然海塩を小さじ半分

再度煮立たせて飲む。

−腎臓のフイルターに溜まった魚、肉の脂

を溶かしてくれる。

血液をきれいにする、全立線肥大に効果

おしっこを勢い良く出せるようになる。

 

4)生命(生体)エネルギー一般活用法及び質疑応答

 

まとめー心と身体の健康法  <<クリック