×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
The law of the like, the dislike11〜20
好き、嫌いの法則 11〜20
Top page Next page
 The law of the like, the dislike (11)
 
When meeting the person to dislike
when the unpleasant thing occurs
We are thanking you and to say at once in the whisper.
We thank for the name of a lot of persons every day, letting out a shout.
With this conduct, the improvement of the human relations,
 the luck improve.
The environment around always changes when doing on the 30th.
好き、嫌いの法則(11)
嫌な事が起きた時、
嫌いな人に会う時
すぐに、小声で有難うと言うことです。
毎日多くの 人の名前を声を出して感謝します。
この行いによって、人間関係の改善、運が好転してきます。
30日行うと周囲の環境が必ず変わってきます。
 
The law of the like, the dislike (12) 
 
The 2nd marrying person divorces again.
because we are choosing a person with the same character.
We are left in the heart in the surface which the first divorce 
companion dislikes.
This approach is to thank for the surface which the divorce 
companion dislikes.
 
好き、嫌いの法則(12)
 
2度目の結婚する人は再び離婚をします。
同じ性格の人を選んでいるからです。
最初の離婚相手の嫌いな面を心に残しています。
この解決法は離婚相手の嫌いな面を感謝することです。

 


 
The law of the like , the dislike (13)
There is a person to dislike who can not permit absolutely.
The person to dislike can not beappreciated.
We extract a rage and hatred at the paper without the reserve 
to such a person.
Then, we are to make a rage, a stomach greatly.
After that, we sit on the chair quietly.
By the half-opened eyes
We say me(my name) who am angry now by the mind.
We say me(my name) who am angry now.
We end in the sitting in the quietness of 5 minutes.
好き、嫌いの法則(13)
どうしても許すことができない嫌いな人がいます。
その嫌いな人に感謝することは出来ません。
そのような人には遠慮なく怒りや憎しみを紙に書き出します。
そして大いに怒り、腹を立てることです。
その後に静かに椅子に座ります。
薄目で心の中で今怒っている私と言います
今腹を立てている私と言います(自分の名前)
5分間静かに座り終了します。
 
The law of the like , the dislike (14)
We will seem to have forgot if avoiding the person to dislike by the mind.
However, the subconsciousness is always repeating friction.
We don't waken only in it.
The friction makes the distortion of the brain and becomes 
the mistakeof the judgement.
The mistake of this judgement makes luck bad.
好き、嫌いの法則(14)
もし嫌いな人を心の中で避けていれば忘れてしまうと
思われるでしょう。
しかし潜在意識では常に摩擦を繰り返しています。
我々はそれを気がつかないだけです。
その摩擦が頭脳の歪みを作り、判断の誤りとなってきます。
この判断の狂いが運を悪くするのです。

 

 
The law of the like , the dislike (15)
About the administrator
For example, we suppose that you are 20 administrators.
First, what will break out to the action of 20 subordinates?
We resign from the person whom you dislike.
Mirror in my heart is filmed to 20 subordinates.
好き、嫌いの法則(15)
管理者について。
例えば貴方が20人の管理者であると仮定します。
始めに20人の部下の行動に何が起こるでしょうか
貴方が嫌いな人から辞めていきます。
私の心の鏡が部下20人に映像化しています。
 
The law of the like , the dislike (16)
About the relation of the parent and child
Often, the parents dislike a child.
We dislike the fault of the child.
The cause is the fault which is the same as the parents.
Seeing the fault of the child isn't endured.
The worst action kills a child.
 
好き、嫌いの法則(16)
親子の関係について
しばしば親は子供を嫌います。
子供の欠点を嫌います。
その原因は親と同じ欠点であります。
子供の欠点を見ることが耐えられないのです。
その最悪の行動が子供を殺すことになります。
---------------
The law of the like, the dislike(17)
About disliking a stranger
○The subconsciousness can not distinguish between myself and a stranger.
Therefore、When disliking a stranger, we are the same as disliking us.
好き、嫌いの法則(17)
他人を嫌うことについて
○ 潜在意識の性質は自分と他人とを区別できない。
従って、 他人を嫌うとは自分を嫌うことと同じであります。
-----------------
The law of the like, the dislike(18)
In case of moving
We have the fault to dislike to the mind.
Therefore, its environment is always filmed in the mind.
The unpleasant person appears even if it moves and the problem 
to be the same happens.
好き、嫌いの法則(18)
移転の場合 
嫌いな欠点は心の中に持っている。
従って、 自分の環境は必ず心の中を映像化される。
移転しても嫌な人が現れ、同じ問題が起こります。

 

The law of the like, the dislike(19)
The tolerant heart
To reconsider a personally is the most necessary thing.
The brain has two functions of the tangible consciousness 
and the subconsciousness.
The tangible consciousness is myself and the subconsciousness 
becomes a stranger.
The tangible consciousness and the subconsciousness are its brain.
Therefore, myself and a stranger, , we are a personally completely.
This point of view becomes a tolerant heart.
好き、嫌いの法則(19)
寛容な心
自分自身を反省することが一番必要なことです。
頭脳は顕在意識と潜在意識の2つの働きがある。
顕在意識が自分であり、潜在意識は他人となります。
顕在意識と潜在意識は自分の頭脳であります。
従って、自分と他人、周囲はすべて自分自身であります。
この考え方が寛容な心となります。
 
The law of the like, the dislike(20)
We become able to do the gradually changing point of view 
when we examine the fault of a stranger in detail.
The surface which a stranger dislikes disappears.
In other words, The fault of the personally becomes a merit.
The situation around is the place which lets me know it.
好き、嫌いの法則(20)
我々は他人の欠点を詳しく調べるとだんだんと変わった見方が
できるようになります。
他人の 嫌いな面が消えてきます、すなわち自分自身の欠点が長所に
なってくるのです。
周囲の状況は自分を教えてくれる場所であります。