×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

            

目次ページ 前ページ

第二回

○食べ物陰陽表  添付<<クリック

 

1) 気を出す練習

再度、目印を設けて曲がらない手を実践する。

腹筋を強くする、手当て法。

足の腿の2筋10センチを押す、

この筋を鍛えることは何事にも動じない精神を

育成することができる。

丹田に気を置いて気を出す体験

足の重さ確認

 

○眼を癒す実践

両手を擦り、手のひらの下部を両眼のくぼみに

当てる。眼を軽く手指で押す、眼の周囲を押す。

両手で眼をかぶせてから、心の内で百人一首を

3回ほど唱和する。

 

○肩を癒す実践

2、自然食健康法

◎糠と粕

薬味について

秋刀魚、あじ、いわしには大根すり

まぐろにはワサビ、

かつおにはショウガ

その食べ物陰陽表からの陰陽位置を確認

いのちのスープの作り方

玄米1合をフライパンに入れ小火で10分炒る

1.8リットルの水を入れて、沸騰させ、2時

間以上煮つめる。上澄みの水は健康上、極陽の

身体にする。炒った玄米は普通に食す。

3)生体エネルギー引き出し

この間2A 調体, 3A 調体,

5ポジション身体手当て健康法を各自に実践。

4) 気伯健康法

5) 5P 身体手当て健康法実践

() 顔前面を両手でかぶせる。

() 頭頂部を両手でかぶせる。

() 首を両手でつつむ。

() 胸に両手を置く。

() 下腹部を両手を置く。

() 自分の治したい、痛い箇所に手当する。

5 箇所を3〜5呼吸の間―すべての時間は5分間

        次ページ